専用ハイヤーとして貸切バスを活用

仕事で接待ゴルフの送迎、クライアントやサポート会社を招いた視察・研修、不動産などの見学ツアーなど日常の仕事の中で、5名から10名程度の方を招待することは多くあるのではないかと思います。
そのような場合、社員の方が自家用車で送迎するか、タクシーで何台かに分乗する、なたは招待された方が、ご自分の車で移動されるなどの状況が考えかれると思います。

これらの状況はビジネスの現場と考えた場合に、本当に効率的な方法でしょうか。
例えば不動産の見学ツアーの場合、物件の情報や周辺の生活環境、建物のデザインなど参加者に対して、移動中に伝えるべき情報がたくさんあります。

貸切バスはミニバス、マイクロバス、小型から大型バスまで目的に合わせたサイズのバスを選択できます。
一番小さいミニバスサイズでも、10名以上は乗車することが可能です。そして、荷物などがあってもゆったりとした乗車スペースをとることも可能です。

当然、自家用車やタクシーなどを利用した場合よりもコストはかかりますが、移動中にきちんとした説明をすることで参加者の理解度の向上をはかれます。
またドリンクや軽食などのサービスや専用の車、ドライバーを用意していることで、参加者に対してのホスピタリティの向上などが貸切バスを使うことで見込めるのではないでしょうか。